スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛が育ってきたので深夜のデート

深夜のデートはキンカチョウの夫婦です

昨夜ちょっと遅い時間に2羽を放鳥しました
抱卵以来初めて。久しぶりでした~~

ぴいは手乗り度が落ちてるかな?と思いましたが
全然落ちてませんでした

返ってなつっこいくらい
2010.8.12 059

なんのためらいもなく亭主の肩に止まり
首筋やらあごやらつんつんつつく姿がかわいくてかわいくて・・・

2010.8.12 060
ボケボケだけど許してね

おちりかわいいでしょ
亭主のポロ襟の中にもぐっちゃいそうな勢いでした

まーこの暑いのにオヤジふたり・・仲良しだこと(くすくす)


鳥なので普段は夜中は暗くして静かに過ごしますが
子育て中は夜中も餌を食べたり雛雛に給餌したりするので
明かりを落とさずにいます

多分自然界なら真っ暗だろうから明かり落としてもいいんだろうけどね・・・
時々夜中も様子を見ている人間の都合かな?・・・そうだね

雛雛たちももう10日齢
あまり夜中は餌を欲しがらずに眠っています

親たちが夜中に起きていて子育てに手のかからない
ほんの一瞬をとらえて深夜放鳥しました

母鳥もなかが巣から離れたがらなければ無理に出すつもりはなかったんですが
もなかも久しぶりにのびのび遊んでました

ぴいといっつも一緒、ベタベタ夫婦なのは、いつもどおり
2010.8.12 064
おちり~~~

何処で放鳥してんの?って聞かないでね・・・
どこで子育てさせてるのってもっと聞いちゃいけない・・・

2010.8.12 063
2010.8.12 061
もなかちゃん、美人だね。
フォーンちゃんなんだけど、あんまり茶色っぽくないの
どちらかというとシルバーのイメージが強い
お腹も真っ白だし・・・・
もうちょっと勉強しないと遺伝に関しては記事書けないや
2010.8.12 034
ちなみにおぐちゃんです色の違いなんてあんまわかんないか・・今度並べて撮ってみよう


おぐちゃんの妹、弟達
2010.8.12 066
4羽です名前は「いん」「かん」「しょう」「めい」
いーちゃん、かんちゃん、しょうちゃん、めいめいと呼ばれる予定


2010.8.12 067
この子がしょうちゃん(多分)

上部にツクツクが映ってるのがいーちゃん(ぶっちぎりででかい・・)
でも巣立ちごろ大きさ逆転することあるもんね~~~よーく観察しよう
2010.8.12 068
大きさの違い分かりますか~~




日中は「もごもご」「ずりずり」動いています
元気です!

亭主が巣から落ちないよう「落下防止ベビーサークル」babysaku.jpg
取り付けました

画像は前の子達、一番子の時の物です

当然ベビー用品は使いまわし。写真はぐっと少なめ
人間の子達と同じです・・・ごめんよ

でも愛だけは!愛情だけは変わらないのよ、ホントよ

無駄に器用な亭主が
そこらへんに転がってたボール紙で作ったものですが中々有用

スリットが入っています~~

元気に暴れてもいいけど落下だけは気をつけてよ!雛ちゃんたち!

前回生れた一番子の末っ子「ゆずっち」の里親さんが昨日寄って下さって
「15gになりましたよ」と報告してくださいました

ま~~~ウチから旅立ったときは13gでした、大きくなったのね

ウチに残ったオグだって12gのもなかよりちょっと大きいもんね

時はどんどん流れる・・・雛はぐんぐん育つ

さ~~お母さんも頑張るよっ!

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



励みになります♪ぽちっとお願い
にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小鳥の言葉わかりますか?

うーん・・・わかると良いんですが
今ひとつ自信ない・・・でも!訴えたい事が少しわかる日もあります

はい、笑ってください
親バカです。飼い主の思い込みです・・そういわれることも重々承知ですが

言葉(気持ち)が通じ合う事がありませんか?
動物や小鳥と暮らしてる皆様、わかっていただけますよね?

うちの子たちは上手く人間語は話せませんが
私たちの話している言葉は殆どきちんと理解しています

はい、笑ってください・・・(以下繰り返し)


産卵、抱卵中の小鳥たちを刺激してはいけないのは当たり前です
巣の中なんてのぞいちゃいけません

でも、でもね卵はいくつあるのか、産み続けてるのか止まったのか
気になって気になって仕方ない・・・

なので「ぴい」が抱卵してる時に頼んでみました
2010.5.27 002-m

「ね、ぴい、心配なの。卵の数だけ確認させて、絶対手を出したり触ったりしないから、お願い!」

そしたらね・・・

「しょうがないなぁ・・・母さん心配しすぎだよ・・」
ってお腹を上げて
2010.5.27 032-m

見せてくれました
2010.5.27 033-m

上手く写真に撮れませんでしたが
嘴と足を上手に使って本当に丁寧に「転卵」してました

嘴というより目と目の間・・・嘴の付け根、鼻の辺り・・・
馬で表現するなら鼻面の辺り(なぜ馬で例えるのか・・・)

本当に大事そうに丁寧に丁寧に一つ一つ返してました

「ぴい上手だね、心配しすぎだね。ごめんね」

転卵が終わってから「まったく・・・」とでも言うように
ぴいはもっふりと卵の上に座りなおし、ほどなくもなかと交代しました
20105.27 004-m
もなか、恐い顔で睨んでます。すいません!ごめんなさい!悪さしてないから許して!!!!(平謝りっ)


何度かお知らせしている通り一番初めに生まれた卵は行方不明になってしまいました
たぶん、巣材の下に入ってしまっているのだと思われるのですが・・・

巣材の下に入ってしまってわりとすぐに亭主が気づいて
なんとか取り出してやれないかと思ったのですが、
そう思ったとたん「もなか」が巣から離れない

とっても手が出せる雰囲気じゃありません・・・
まだ、卵を産んで1日目、2日目はそんなに本気抱卵モードじゃなかったのに・・・

結構2羽とも巣を空ける隙があったのに・・・・
この隙があったので毎日卵の数を確認できていたんです

何か気配を感じたのかもしれませんね・・
また逆に口に出して言葉にして

「巣材の下に卵が隠れちゃってるよ、取り出してあげるから、手伝ってあげるから
必ずきちんと返すから、触らせて」って話をしてみたらどうだったんだろう・・・

今更後悔しても本当にどうしようもないのだけれど・・・
巣材を与えるタイミングと量のことも後悔しないわけではないんですが

私がくよくよしても何の役にも立たないので
今、キンカ夫婦が抱いている4つの卵を大切に見守っていきたいと思います


卵を産み終わったあたりから「もなか」も「ぴい」もあまりボレ粉を食べなくなりました
足りないといけないのでボレ粉入れは2つセットしていたのですが

2羽とも今はあまりボレ粉を欲しない模様・・・
「もなか」は分かるけど「ぴい」までなんでだ??

そこでボレ粉入れは1つにして代わりに「あわ玉」を少し入れています
「食べ具合」はまた追って報告しますね

青菜の類もたっぷりあげたいところなんですが
巣材としてみんな巣に運んでしまいます
巣に持って行ってもそこでもりもり食べてるのでそれもありなのか?

抱卵したまま「ぴい」に運んでもらったハコベを
ゆっくり食べている「もなか」はなんとなく優雅なマダムに見えて
素敵ではあるんですが

食べ残しがいまひとつ不衛生なんじゃないかなぁと与えすぎに注意しています

飲み水はネクトンにしているんですが「もなか」はネクトンが嫌い
水浴び用の普通の水を飲んでいます

以前からもなかのほうがぴいより水分の摂取量が少なめ
足りてるの?って心配になるけど元気だからよしとしましょう

抱卵は今折り返し地点です
「ぴい」「もなか」夫婦に初めての卵が生まれたのは5月20日木曜日の午前中のことでした

木~月まで毎日ほぼ決まった時間(午前9時ごろと思われます)
にひとつづつきちんと卵を産みました

がんばれ!ぴい!がんばれ!もなか!

でもって・・・・ちっとくらいはママとも遊んでおくれ
遊んでくれなくていいから餌食べながらでいいからママのお話を聞いて頂戴・・
んでもってちょっと優しい目で見つめ返しておくれ

傷心の私に愛のポチ下さい・・・ふぅ~(ため息)
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



励みになります♪ぽちっとお願い
にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村

キンカ夫婦、がんばってます

みなさん、ウチのキンカ夫婦ならびに
へっぽこ飼い主夫婦に応援ありがとうございます

もなかが「ママはどうしてそんなに大騒ぎするの?私大丈夫よ」
と言いながら首をかしげております
(か、かわい~・・・・親バカ失礼)
monaka 003

亭主の力作gifアニメでございますです
ツイッタアイコンよりやや重めなのでいくらかスムーズでしょうか?


今のところ我が家のキンカ夫婦は順調に一日ひとつの卵を産んで
卵を貯めています、5~6個になって本気抱卵が始まるかどうかが
まず第一の勝負所でしょうか?

母の顔になったでしょ
2010.5.22 098-m

もなか抱卵中
2010.5.22 099-m
もなか・・抱卵・・最中・・・とかくだらないことを考えたのは内緒d巣
ボケてますが雰囲気と母性愛が感じられる一枚と思っています

もなかの体力が心配だったのですが
本人(本鳥)も大丈夫と申しておりますし
この時点ではらはらしても、してあげられる事はなさそうです

目に見えて「もなか」が弱ったらその時は迷わず
もなかの保護に動きますけれど
今のところ大丈夫、がんばれ!もなか!


ぴいも頑張ってます

今朝も給餌の時ちょっとだけ私と亭主と遊んでくれました
でも・・・ホントにしぶしぶ付き合ってる感じでした

どうして言葉が通じないはずなのに
こんなにはっきり相手の気持ちが分かるんだろう・・・?


へっぽこ飼い主のスポイト練習に付き合う「ぴい」?
2010.5.22 113-m
もともと1羽飼いだったときからスポイト大好きで
スポイト見ると駆け寄ってきてたので
今でも時々スポイトで水飲んでます・・


今はさすがにやらないけど
「もなか」もまねしてスポイトから水飲んでたんですよ

変な子達(くすくす)

そうそう、「まねっこもなか」と言えばね

木曜の朝の放鳥時
「ぴい」にくっついて飛んで、止まって遊んでを繰り返しているうちに

うっかりパパのお膝辺りに止まってしまったらしい・・・・・
少しの間、2羽でまったりしたらしい・・

私はいつもまだ放鳥している最中に出勤してしまうのでこの大事な場面を見逃した!!!!!
くぅ!悔やまれる・・・

って、そんな大事なこと言い忘れてたって!
亭主!

もちろん、写真もないんです
カメラ取ろうと動いたら飛び立っちゃって・・当たり前じゃん!!

2羽で放鳥して遊ぶ姿はしばらくお預けなのでちょい前の写真ですが・・

逆光シルエットが素敵な2羽2010.5.22 078-m

本当に皆様、温かく見守ってくださってありがとう!嬉しいです!力になります
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



励みになります♪ぽちっとお願い
にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村




とり時間

鳥の時間は私たちの時間より早く流れるのだと
思い知らされた昨日でした

「ぴいともなか」のキンカ夫婦に卵が産まれました
今朝もひとつ生まれたので合計ふたつ

神々しいほどに美しい
青味がかった白い小さな小さな卵

母鳥を刺激しないようにちらっとしか見られませんでしたが
本当に美しかった、小さかった・・
感動してうるうるしました

巣の中で夫婦で大事に守っています
今のところ捨てたり食べたりしていません

まだ、「もなか」はウチに来てやっと10日
環境やパートナーにもっと馴染んでから
ゆっくり巣引きを考えようか・・・・

なんて呑気な飼い主夫婦を置いてけぼりにキンカ夫婦は
きっちりと自分達のペースで着々と進んでいます

準備不十分な私たちのことを責めさえしません

しばらく放鳥は、なしだなぁ・・・寂しい
やっと、もなかちゃんと仲良くなってきたところだったのに

これもまたずいぶんと時間をのろのろ生きる人間の感傷ですね

今朝は餌や水のチェックをしたときにぴいが近くまで来たので
「出て来る?」と入り口を開けたら

ぴょんと肩の上に乗っかって私のほっぺをつつんつんと突いて
それからちょっと囀って、
「しばらく遊んでやれないけれどそうがっかりするな」
と言ってすぐ「もなか」と卵のところへ帰っていきました

ぴいと代わって「もなか」が餌を食べに降りてきたので
「もなか、大丈夫なの?つらくない?」と話しかけてみたら

「大丈夫よ、心配要らない」とでも言うように
じっと見つめ返してきました

ちょっとうるうる・・・どころか
かなり泣けてしまいました

最近歳をとったのか蛇口が緩んで困ります
ちょっとした事ですぐ壊れます

準備不足な自分が情けなく、キンカの夫婦があまりに健気で
そしてあまりに生き急ぐように先へ進む
「小鳥時間」が切なくて・・・寂しくて・・・

何より、「もなか」の体が心配。
初産だし

上手く文章にならないです
何でこんなに泣けるのか自分でも良く分かりません

あんまりメソメソしてるのも恥ずかしいので
ぐっとこらえて母の顔に戻って

長女の朝食を・・と思ったら

娘はしっかり自分の好みの朝食を支度し
食べ終わったところでした

しかも私が「これは残って欲しくないな~~」って物は
全部食べつくし
「これはまだ日持ちする」って物は全部残ってるという
スーパー主婦感覚での朝食フィニッシュ!!!

さすが!!!



親が心配するよりも子供はよっぽどしっかりしてます
もっとずっと小さな時からそうです

親は何にも口出しせずにどんと構えて
ご飯とお水とお日様とそれから愛情が十分かそれだけ気を配っていたらいい

子育てしてて何度も何度も思ったことでした

思い知っていたはずなのにね

人間というのはやっぱりずいぶんと不完全な生き物です

キンカの夫婦のことも信じてひたすらに見守りたいと思います






まだ、卵が産まれたってだけなのに
この動揺・・・・爆涙・・・・
この先私どうなっちゃうんだろう・・


もし・・・もし・・無事に卵が孵ったら、雛が育ったら
感激の涙のお供に洗いざらしたバスタオルプレゼントしてください!!

あまり刺激してはいけないので
昨日、今日のキンカ夫婦の写真ありません
2~3日前のですがどうぞ

monaka 005-m
ぴ:今日も水浴び

monaka 006-m
も:私も入る~~~(ぴいの後追い、まねっこ、もなか)

monaka 007-m
ぴ:代わってあげるから急かさないの
も:はやくはやく!

monaka 008-m
も:かわってくれて、ありがと(はあと)

101708613[1]
ぴ:どおいたしまして(はあと)


chu.jpg


応援ありがとうございます。本当に嬉しいです
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



励みになります♪ぽちっとお願い
にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村












もなかの放鳥

デザインフェスタ、アートラッシュの「バードウィーク展」と楽しく過ごした日曜日でした
皆様にお会いできて本当に良かった。嬉しかったです

「編み」つながりの「ぽんさん」「えみみさん」 小鳥つながりの「だが屋さん」「アニーさん」
またお会いできますように!

皆さんからいっぱい刺激を受けました。
いい作品をいっぱい作って、毎日小鳥さんを愛して過ごしていきたいと思います

本当にありがとうございました!!




では、もなかちゃんの放鳥記録行きましょう!

日曜日の朝から「もなか」も放鳥しています

朝、起きたらまずは小鳥さんのお世話。
と言っても私は階下からカゴを持って来るだけ、キンカ鳥の歌声をパパが聞きつけれ
ばどんなに眠くても起きて来てカゴの掃除や餌やり、水の取替えをしながら健康チェックをします。

二羽とも元気

「もなか」の様子も落ち着いているようなので
思い切ってもなかも放鳥してみることに

ペットショップでは
「手乗りじゃない小鳥はかごから出さないでください、捕まえられないです
捕まえる時に怪我をさせますよ」


と、厳しく言われました
・・・・・うーん・・・・そうなのか・・・
「はーい」とショップの店員さんに夫婦でよい返事して帰ったものの
いまひとつ、あきらめられない私たち・・・

ってーか亭主は全然その意見聞く気なさそう

・・・・・・・本当に聞く気なかったよ・・・・・
帰ってきてすぐ放鳥

その日のもなかです
2010.5. 203-m高いところから絶対に降りてきません。
2010.5. 198-m
2010.5. 204-m壁にへばりついて私たちを激しく拒否
怖がるばかりで「もなか」ちっとも幸せそうじゃありません
嬉しそうじゃありません

かごに戻す事に苦労したことよりも「もなか」が脅えっぱなしだった事にとても胸が痛みました
「もなか」にかわいそうな事をしてしまいました


冷静に考えてみれば当たり前の事です
戻るべきかごだって、このときの「もなか」にしてみれば
我が家でもなんでもなく、見知らぬ場所だし

どんなに、私たちが「もなか」を大好きでも、悪意がなくても
初めて会う見知らぬ人間。怯えて、怖がってバタバタするのは当たり前です

いまげんざいの「ぴい」が放鳥を楽しんでいるようなので
「もなか」も放鳥して楽しんだほうが早く仲良くなれるかと思ったの・・・ほんとごめん、もなかちゃん

深く、深く反省し、亭主ともよく話し合いました
まだ、家に来たばかりの「もなか」には
まず家に慣れてもらおう、なるべく無理させずに、急がずに
少しづつ「ぴい」の事も私たちの事も我が家の事も・・・好きになってくれたらすごく良いけど

とりあえず怖がらない程度になってもらおう



考えてみればぴいだって1週間は放鳥せずじっとかごの中で
我が家になじんでいく期間があったんです

詳しくはこちら

ぴいは1週間ほど所属先未確定期間があったため
その間は放鳥はされませんでした

うちの子に決定し放鳥されたとたんパパの頭の上にどかどか乗り
日々慣れ度を上げていったため(もともと手乗りだったと思われますが・・・不明です)

まったく予備知識のない私たちだったので
その時はもともと手乗りだったんじゃないか。。。と思っていましたが
今からよーく思い起こしてみると手乗りじゃなかったかもしれません・・・

最初は餌がないと乗らなかったし・・・


おっと、主人公は「もなか」でしたね


胸の痛む初日の失敗を踏まえ
放鳥はしばらくはあきらめ、もなかとぴいの様子をよく観察する事に・・・
大事な事はこの2羽が仲良く幸せに暮らせる事

くれぐれも、あわてず、無理せずゆっくりと同居をスタートさせてほしいと
亭主に頼みました

が、

かごを2台並べて置いておくとまるで私たちが意地悪して引き離しているかのように
仲良くずっとおしゃべりしてる様子・・・

亭主はあまり長く離しておくのも意味がない、夫婦にするためにお迎えしたんだし
相性が合わなかったらまた別居させればいいよ

と・・・

一回り大きな鳥かごを購入し2羽同時に新生活をスタートさせました
縄張り意識でケンカしやすいと聞いたので
少しでもリスクを減らしたほうがいいかなとの配慮でした


同居初日の様子はこちら

2羽のいちゃいちゃっぷりはこちら


こちらの心配をよそに2羽の相性はとてもよかったらしく
仲良し生活をスタートさせました

小鳥夫婦は日を追って仲良し度を増しています
それとともに「もなか」は「ぴい」のまねっこすることを覚えました

「ぴい」と仲良しの私たちとも仲良くしても悪くないかも?
と思い始めたらしい土曜日・・・

かごの中で手に乗るという出来事が起こったわけです
この記事



さぁ!ぴいのまねっこをするという特徴をうまく利用すれば
かご苦労せずに戻せるかもしれないぞ

「ぴい頼んだよ!」

放鳥!

初日の胸の痛い放鳥時とは全然違います
仲良しのぴいが一緒のせいか、場所や人を見慣れたせいなのか

怖がる様子はなく、私たちとは一定の距離をとりながらも
逃げる様子はありません
monaka 001-m
それはおっきいお姉ちゃんがママにくれたカーネーションですよ
茎に止まるなんて器用ねぇ

monaka 002-m鉢植えに乗ってビヨンビヨン揺らして遊んでます
monaka 003-mちょっと楽しそうです

「よかった」

心底ほっとしました。放鳥がもなかにとってつらいものになったのでは何の意味もないです


かごに戻すのも大した苦労もなく、「ぴいにいちゃん」の後にくっついて餌につられつつ
帰ってきました


月曜日、火曜、今日と4日連続で放鳥
ぴいの手乗り度は落ちず、もなかの手乗り度(?)はちょっとづつ上がっています

自分から私たちによってくる事はないものの
10センチくらいの近さにいても全然平気
monaka 014-m
不意に私の手元にあったペットボトルに飛んで来て
ちょこんととまってこっちをじっと見てました

「近い~~~!!」心の準備もカメラの準備も間に合わず
ボケボケです・・・でも本当に嬉しかった。嬉しいから載せちゃった

この時「ぴい」はあさっての方角で遊んでました




ぴいと餌がないと手に乗っては来ないですが
ぴいと餌が手に乗っていれば割と躊躇なく乗ってくるようにもなりました
monaka 016-m
monaka 015-m




「人には慣れません。」とショップの店員さんにはっきり言われ
「手乗りの子も乗らなくなります」と言われたけれど・・・

やっぱりその子、その子、の性格や環境や色々なものがあって
一概には言えないんだなとしみじみと思いました

デザフェスでお会いした「だがやさん」やアートラッシュでお会いした「アニーさん」にも
どの小鳥さんにも「個性」がある「性格」も「好み」もと教えていただきました

本当にそのとおりだと思います


せっかく巡り合った「私たち」と「ぴい」と「もなか」

「みんな違って、みんないい」(金子みすず)

そんな風に暮らしていきたいなぁ・・・・


あ、今朝の計量「ぴい」15g、「もなか」13g


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



励みになります♪ぽちっとお願い
にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
プロフィール

こぐま

  • Author:こぐま
  • いつも応援ありがとう!
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
    にほんブログ村

    日々くすっと笑えるようなことが起こると
    それを毛糸を使って書き留めたいと思っています

    絵本の一ページのようなあみぐるみを作っていけたらなと思っています











最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。